« クリームソース:ほうれん草のホワイトソース | トップページ | トマトソースパスタ:プチトマトでつくるドライトマト »

2004/12/14

カルボナーラ:生クリームタイプのカルボナーラ

carbonara-cream◇こちらは、生クリームを使用するカルボナーラです。カルボナーラ・ローマ風はこちら。また、ほうれん草を加えたものはこちら

<11/23(火)カルボナーラ:生クリームタイプのカルボナーラ>
うまい?   :☆☆☆☆
手軽さ   :☆☆☆
家族の評判:☆☆☆

カルボナーラです。イタリアでは恋人達のパスタと呼ばれ、世界中で人気のパスタです。クリーム系ですが、卵をトロっとさせるところが、他のクリーム系とは一味違います。
カルボナーラとは、「炭焼き風」という意味らしい。諸説ありますが、「黒胡椒が灰のように見えるから」とか、「炭焼き職人は体力を使うので、カロリーの高いこのパスタを好んだ」とか言われています。

では、レシピ。


はじめに、卵の準備。大きいボールに卵の卵黄を入れます。全卵でもいいですが、今回は卵黄のみ。白身は残念ですが、さよならするか、夜てんぷらに使います。目安は一人当たり2個(全卵なら1個)。カルボナーラは卵でほぼ決まるので、ちょっと高目の卵を使いましょう。次に、パルミジャーノ・レッジャーノ(パルメザンチーズの塊で高いやつ。クラフトのパルメザンを買うよりはるかにうまい。)をすりおろしてボールに投入。最後によく卵と混ぜ、黒コショウを振っておきます。

パンにオリーブオイルとスライスしたにんにくを投入し、じんわり温めます。シュワーっとなったらにんにくは引き上げて火力を上げ、ベーコン、できればパンチェッタ(豚バラの塩漬け)を投入。好みによりますが、こんがり仕上げて香りを立てます。
次に、白ワインを投入して水分を飛ばしたら、茹で汁を入れてオイルとなじませ、生クリームを入れます。生クリームを入れたら沸騰させないこと。パスタが茹で上がる前に火を止めます。

パスタはデイチェコのスパゲティを使用。ソースとささっと絡めるだけなので、アルデンテまで茹でます。

クリームソースにパスタを投入し、手早く絡めます。絡めたら、ボールの卵をパンに加えますが、パンが熱すぎるようでしたら、迷わずボールにパスタを投入して下さい。卵とパスタを手早く絡めます。これで盛り付けて完成。
なかなかうまい。

おいしそうだったらクリックして下さい。人気投票です。

◇ローマ風カルボナーラについて、その他

今回つくったのは、日本ではオーソドックスなカルボナーラですが、ローマ風はちょっと違います。何が違うのかと言うと、生クリームや牛乳を使わず、卵だけで仕上げます。
カルボナーラ・ローマ風はこちら

|

« クリームソース:ほうれん草のホワイトソース | トップページ | トマトソースパスタ:プチトマトでつくるドライトマト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69867/2262557

この記事へのトラックバック一覧です: カルボナーラ:生クリームタイプのカルボナーラ:

» 【レシピ】 カルボナーラ(イタリアン) [ゆつくり生活]
こんにちは。すっかりおなじみ(?)「こんなの作ってます。」のコーナー。 先日、友 [続きを読む]

受信: 2005/03/23 23:08

« クリームソース:ほうれん草のホワイトソース | トップページ | トマトソースパスタ:プチトマトでつくるドライトマト »