« クリームソースパスタ:ペンネ・ゴルゴンゾーラ | トップページ | パスタブランド:AGNESI(アネージ) »

2005/04/29

トマトソースパスタ:マッシュルームのポモドーロ

pomodoro

パスタレシピ:トマトソース系
パスタ:スパゲッティ

4/28(木)
トマトソースパスタ:マッシュルームのポモドーロ

自己評価:★★★★☆
手軽度合:★★★★☆
家族評価:★★★★☆

ポモドーロはイタリア語でトマトの意味。パスタレシピでは、シンプルなトマトソースを指します。

オイルソース系のアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ、クリームソース系のカルボナーラ、そしてトマトソース系のポモドーロは、パスタの基本レシピだと思います。

この3種はごまかしがきかないので、安定しておいしくつくることができれば、腕を認めてもいいかなぁ、と思っています。中でも、カルボナーラが一番腕の差が出ますね。神経を使うので、つくる側は結構疲れます。


では、ポモドーロのレシピをどうぞ。今回は、寿命が近づいたマッシュルームが行き場を失い、冷蔵庫をさまよっていましたので、お供させて頂きます。


◇3人分の材料

パスタ…バリラ スパゲッティ1.7mm 300g
ホールトマト…1缶
マッシュルーム…10個
にんにく…3~4片
唐辛子…1本
オリーブオイル…適量
パルミジャーノ・レッジャーノ…適量


まず、パンにオリーブオイルを入れて、つぶしたにんにくを浸し、弱火で温めます。いい香りがしてきたら、スライスしたマッシュルームと、半分に折って種を除いた唐辛子を入れます。マッシュルームに火が通ったら、にんにくは取り除きます。

ホールトマトは、ボールに空けて、手でつぶします。芯や皮がありますので、取り除いておきます。

つぶしたトマトをパンに入れ、20分くらい煮込みます。この間に、パスタのお湯を沸かし、茹でます。パスタが茹で上がる前に、レードル0.5~1杯分くらい茹で汁をトマトソースに入れ、加熱して混ぜながら、ソースとなじませておきます。

パスタはバリラ・スパゲッティ1.7mm。アルデンテ直前で引き上げ、ソースに投入し、さっと絡めます。パルミジャーノ・レッジャーノ、Ex.ヴァージン・オリーブオイルをかけて、よく混ぜて完成。


シンプルにおいしい。トマトソースのうまみは、煮込むことがキーです。煮込みが足りないと、変に酸味が強すぎ、甘みが足りません。トマトのうまみを引き出すと、トマトの甘みと酸味、にんにくとオリーブオイルの香り、パルミジャーノ・レッジャーノのコク、これらが一体になってハーモニーを織り成し、ほおの内側がおいしさで包まれます。

おいしそうだったら、クリックして下さい。人気投票です。

|

« クリームソースパスタ:ペンネ・ゴルゴンゾーラ | トップページ | パスタブランド:AGNESI(アネージ) »

コメント

何時も拝見しています。パスタ大好きで良く自分で作るものですから色々見習いたいです!

投稿: タイガ | 2005/04/29 14:52

タイガさん ブログ見ました。白金のワインバーのオーナーさんですか。
白金は、大学の恩師が住んでいたり、本業のお客さんがいたり、と、たまーに行きますので、財布にゆとりがあればお邪魔させていただきます。

投稿: パスタ担当 | 2005/04/30 00:41

オーナーとはいってもただのワイン好きが高じて成り行きで造ってしまいました!
本業はジュエリーデザイナーです。。
一人暮らしでほとんど自炊ですがパスタ大好きなのでブログ本当に助かってます♪
人気があるだけに充実されてますね!これからもよろしくお願いします。

投稿: タイガ | 2005/04/30 21:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69867/3902515

この記事へのトラックバック一覧です: トマトソースパスタ:マッシュルームのポモドーロ:

« クリームソースパスタ:ペンネ・ゴルゴンゾーラ | トップページ | パスタブランド:AGNESI(アネージ) »