« カルボナーラ:ローマ風全卵タイプ2 | トップページ | パスタブランド:rustichella d'abruzzo(ルスティケーラ・ダブルッツォ) »

2005/05/23

クリームソースパスタ:きのことほうれん草のチーズクリーム

cheezcreamパスタレシピ:クリームソース系
パスタ:ペンネリガーテ

5/21(土)
クリームソースパスタ:きのことほうれん草のチーズクリーム

自己評価:★★★★☆
手軽度合:★★★☆☆
家族評価:★★★★☆



ふと気付くと、ガシャガシャ音が鳴り響いていた。
なんだろう?と思ってリビングに顔を出すと、竹林のように釣竿が30本ほど並ぶ釣具コーナーで、2歳児が楽しそうに殴りまくる光景が目に飛び込んできた。

ちょ、おまえ、それ1本5~10万!!

デジカメを冷凍庫に格納するのもOK。
ビデオデッキの中にDVDとミニカーを収納するのもOK。
携帯の短縮ダイヤル発動で取引先に電話かけるのもOK。
ティッシュ全部引き出すのもOK。

でも、竿は我慢しろ。



ではレシピ。
クリームソース好きにはたまらんと思うので、ぜひやってみよう。

▼きのことほうれん草のチーズクリーム 3人分の材料

パスタ…デイチェコ ペンネリガーテ 250g
ベーコン…150g
にんにく…3~4片
舞茸…1パック
しめじ…1パック
ほうれん草…3~4束
ゴルゴンゾーラ・ピカンテ…50g
パルミジャーノ・レッジャーノ…大さじ4~5
白ワイン…1/2カップ
生クリーム…100cc
牛乳…200cc
小麦粉…適量
オリーブオイル…適量
塩・コショウ…適量


と材料を挙げましたが、

◇クリームソース
小麦粉とバターでつくるベシャメルソース、生クリームオンリー、生クリーム+牛乳、いずれもOK。
たまねぎを茶色く濃縮する場合はベシャメル、生クリームが重く感じる人がいる場合は生クリーム+牛乳、手早く仕上げたい時は生クリームオンリー、こんな感じで決めてます。

◇ほうれん草
3~4束と書きましたが、いざ冷蔵庫を開けると、いつの間にか1束しか無かった…。

◇チーズ
今回はゴルゴンゾーラ少量と、パルミジャーノ・レッジャーノを使いました。たいていのチーズは合うので、好みでどうぞ。
ゴルゴンゾーラは、ピカンテという青カビびっしりタイプと、ドルチェというまろやかタイプがあります。おつまみにはドルチェ、ソースづくりにはピカンテを使っています。


では、調理開始。

まず、フライパンにオリーブオイルを入れ、つぶしたにんにくを浸し、中火~弱火で温めます。
香りが立ったらベーコンを加え、脂を溶かすように、じっくり加熱します。

ベーコンがいい感じになったら、にんにくを取り除き、きのこを入れ、軽くしんなりさせて、白ワインを注ぎます。

水分が蒸発して半量ほどに煮詰まったら、生クリームを入れます。
この時、生クリーム+牛乳で行く場合、ソースの粘度が弱くなってしまうので、生クリームを入れる前に、軽く小麦粉を振って、ソースになじませておきます。ブラウンソースのようになったら、ここで生クリーム、牛乳を入れます。

ゆっくり加熱して、軽く煮詰めます。あまり火が強いと、生クリームが分離してしまうので注意。
ねっとりしすぎたら、牛乳を入れて調節して下さい。

ソースが適度な粘度になったら、チーズを入れます。
ゴルゴンゾーラは手でちぎって投入し、パルミジャーノ・レッジャーノはフライパンの上ですりおろせばOK。
よく混ぜて溶かし込みます。

チーズが溶けたら、塩・コショウで味を整えます。塩は少しずつ入れ、おいしい塩梅(あんばい)に仕上げて下さい。

最後に、ほうれん草を入れてソースと混ぜます。
今回はショートパスタなので、ほうれん草は粗みじん切りにしました。ロングパスタの場合は、普通に切っても、粗みじん切りでも、どちらでも合います。

パスタはデイチェコのペンネ。スジが入っているショートパスタはリガーテと呼ばれます。
吸い物程度の塩分濃度(いつも通り)で茹でて、アルデンテに仕上げます。

茹で上がったら、ソースに入れて、よく混ぜて完成。



ベシャメルソースのダマ、生クリームの分離、塩の入れすぎ、このあたりに注意すれば、簡単につくれると思います。
もちろん、パンとの相性もいいので、ソースをぬぐって堪能して下さい。

ranking04おいしそうだったら、投票よろしく。

|

« カルボナーラ:ローマ風全卵タイプ2 | トップページ | パスタブランド:rustichella d'abruzzo(ルスティケーラ・ダブルッツォ) »

コメント

今回のは私でもできそうだったので、
ちょっと作ってみました。
http://blog.livedoor.jp/magicsession2003/
ちょっと値段が高めの材料は安いやつに
変えて(給料前だったので。。)ですが、
案外おいしくできましたーv(^o^")v

でも案外チーズひとつで味って変わるものですね。ちょっと勉強になりましたm(__)m

投稿: もんち | 2005/05/26 10:32

>もんちさん

拝見しました。おいしそうですね。
チーズの種類をあれこれ換えると、いろいろ楽しめると思います。

投稿: パスタ担当 | 2005/05/26 21:30

はじめまして。

今日、はじめて来ましたが、今後レシピを参考にさせて頂いて作ってみたいと思います。

私のHPにリンクさせてもらいましたが、よろしかったでしょうか?(汗)

投稿: カルボナーラゆう | 2005/05/28 22:05

>カルボナーラゆうさん

こんにちは。リンクありがとうございました。
国際結婚ですね。僕のいとこも、カウボーイみたいなアメリカ人と駆け落ちしました…。

投稿: パスタ担当 | 2005/05/28 22:53

はじめまして。
パスタ食べるの大好きなんですけど
ナポリタンくらいしか作ったことない…私。
今日はじめてこちらのblogに来させて頂いて
ちょっとがんばって作ってみよう!という気に
なりました!

投稿: お料理大好きモモちゃん | 2005/06/02 20:27

>ももちゃん

パスタは手軽にできるので、いろいろ楽しんでみてください。でも、奥深いので、つくればつくるほど、その魅力の虜になると思います。
これからも宜しくお願いします。

投稿: パスタ担当 | 2005/06/03 00:05

最近こちらを拝見せていただくようになりました。
「ヴォイエロ」を大人買いしましたので、チーズを贅沢につかった、このソース作ってみました。

メチャクチャおいしかった~
10分もかからず、たいらげました!!

ここのサイトのレシピかたっぱしから、挑戦させていただきます!!

しかし、パスタって、茹でとソースづくりの同時進行ってものすごい余裕なくつくるので、シンクまわりゴチャゴチャです。優雅に作りたい。。

投稿: ときんちゃん | 2012/03/11 14:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69867/4242665

この記事へのトラックバック一覧です: クリームソースパスタ:きのことほうれん草のチーズクリーム:

» パスタレシピ研究会 [マイブックマーク]
http://pastalabo.cocolog-nifty.com/blog/... [続きを読む]

受信: 2005/05/25 14:38

» ボロネーゼ [公務員の質素な食卓]
今日の晩ごはんはコレ♪ ボロネーゼ・フランスパン 小エビとトマトのサラダ ボロネーゼのソースは奥さんの手作り。 材料は、トマトピューレ・ひきにく・タマネギ・にんじん・ワイン・塩コショウ。 ☆人気ブログランキング参加中☆←クリック&応援お願いします! [続きを読む]

受信: 2005/05/29 23:23

« カルボナーラ:ローマ風全卵タイプ2 | トップページ | パスタブランド:rustichella d'abruzzo(ルスティケーラ・ダブルッツォ) »