« 和風パスタ:水菜のナポリタン | トップページ | 実験:トマトソースの煮込み方を比較 »

2005/07/08

トマトソースパスタ:なすとバジルのポモドーロ

siciliana4パスタレシピ:トマトソース
パスタ:スパゲッティー

7/7(木)
トマトソースパスタ:なすとバジルのポモドーロ

自己評価:★★★☆☆
手軽度合:★★★★☆
家族評価:★★★★☆





なすを使ったトマトベースのパスタは、シチリアーナと呼ばれますが、普通はイタリアンパセリで仕上げます。

今回は、バジルを使ってみました。トマト・バジル・なすの相性は?


では、レシピです。




▼なすとバジルのポモドーロ 3人分の材料

パスタ…ヴォイエロ スパゲッティー 1.7mm 300g
ベーコン…60gくらい
しめじ…1パック
なす…中3~4個くらい
バジル…10枚くらい
にんにく…3~5片
唐辛子…1本
ホールトマト…1缶(予め手でつぶし、皮や芯を除いておく)
パルミジャーノ・レッジャーノ…大さじ3~4
白ワイン…1/3~1/2カップ
オリーブオイル…適量
黒コショウ…適量
塩…適量


ポモドーロ(シンプルなトマトソース)と言いながら、ベーコンを入れることにしました。
いつもベーコンなどを使ったトマトソースをつくる時、ベーコンを炒めてからホールトマトを加えて煮込んでいますが、逆にしたらどうなるのか、実験したかったのです。

ベーコンのカリカリ感を重視するわけですが、その場合、トマトソースとベーコンのうまみは、じっくり煮込んだ場合と比べて差を感じるのでしょうか?

まずはじめに、フライパンにオリーブオイルを引き、ホールトマトを20分ほど煮込みます。

次に、別のフライパンにオリーブオイルを引き、つぶしたにんにくを浸して弱火で香りを引き出します。香りが立ったら、ベーコン、半分に折った唐辛子を加えて炒めます。ベーコンがカリッとなってきたら、しめじを加え、軽く火を通して白ワインを注ぎ、水分を飛ばしてうまみを濃縮します。

…って、クセで白ワインを注いでしまいました。これでベーコンのカリカリ感はアウト。ワインを注ぐ前に、取り出しておくべきでした。

水分を飛ばしたら、トマトソースに加えます。最後に、茹で汁をレードル1杯くらい、黒コショウ適量を加え、トマトソースとなじませてソースは完成。

なすは、一口サイズに切ったら、あく抜きをしておきます。軽く塩を振ればOK。しばらくしたら、水で洗って、水分をよく切っておきます。

そのなすを炒めます。炒め終わった頃にパスタが茹で上がるタイミングがベストです。炒めたら、パスタと一緒にトマトソースに投入します。
尚、素揚げにしてもいいと思います。

パスタは久しぶりにヴォイエロ・スパゲッティー 1.7mm。適度な塩分濃度(水3Lに対し、30gくらい。おすましの濃さ)でアルデンテ一歩手前まで茹でます。

パスタが茹で上がったら、炒め立てのなす、手でちぎったバジルといっしょに、フライパンに投入してさっと絡め、仕上げにEx.ヴァージン・オリーブオイル、パルミジャーノ・レッジャーノを加えて、良く混ぜて完成。おまけで、バジルの葉をトッピングしました。


どちらかと言えば、なすにはイタリアンパセリの方が合うなぁ。
決して悪いわけではありませんが、むしろ、バジルのポモドーロになすを入れた、って感じの仕上がり具合です。バジルは存在感が強いので、なすのおしとやかな香りを引き立たせるには、イタリアンパセリの方が相性がいい。でも、これはこれで、嫁さんの反応は良い。

また、後からベーコンを追加した件ですが、よく分かりませんでした。どうせやるなら、パンチェッタをたっぷり使ったアマトリチャーナで実験した方が分かりやすそうです。
そもそも、ヴォイエロではなくて、食べ慣れまくりのバリラで試すべきでした。

とまぁ、実験としては、あまり機能しませんでしたが、おいしく頂きました。

ranking04おいしそうだったら、投票よろしく。

|

« 和風パスタ:水菜のナポリタン | トップページ | 実験:トマトソースの煮込み方を比較 »

コメント

始めまして♪
まことです。
このブログは凄い!感動です。飲食店で働いている僕にとっては、メチャ参考になります。メニューに迷ったら参考にしていいですかね?宜しくお願いします。

投稿: まこと | 2005/07/08 19:06

>まことさん

こんにちは。お褒め頂き、恐縮です。
これからも宜しくお願い致します。

投稿: パスタレシピ研究会 | 2005/07/09 00:51

初めまして♪毎回美味しいパスタ作り…覗かせて頂いてます(*^-^*)ゞ
見ているだけで…お腹が空いてきます(笑)
自分だと上手に作れないので…近々作る時の参考にさせてもらいますね♪

投稿: 大福 | 2005/07/09 12:28

はじめまして。
いつも楽しみに拝見してます。パスタは毎日食べても平気なくらい大好きです。
とくにプッタネスカが好きでメニューにあるとたいていオーダーしてるんですが、こちらのブログで「娼婦風」っていう意味だってことを初めて知りました。読みながら「へぇ」って言っちゃいました(笑)
プッタネスカ、自分でも作ってみまーす。

投稿: lapin | 2005/07/09 21:56

>大福さん

こんにちは。パスタ料理は、手軽で簡単なのに、奥が深い世界です。とても楽しいですよ。

>lapinさん

プッタネスカがなぜ「娼婦風」なのか、諸説をプッタネスカのエントリーに書きましたが、なんとなく、娼婦の台所にもある保存食でつくれる、というのがしっくりきます。
手軽でおいしいので、自分でつくるレシピとしてもオススメです。

投稿: パスタレシピ研究会 | 2005/07/10 00:04

はじめまして!
パスタ大好きです(^ ^*
参考になりますよ〜!!!お気に入りに登録!
そしてぽちっ!
毎日チェックしますね♪

投稿: めぐみん | 2005/07/11 23:06

>めぐみんさん

ご参考頂けて幸いです。
これからも宜しくお願い致します。

お弁当のパスタ、とてもおいしそうですよ。

投稿: パスタレシピ研究会 | 2005/07/12 15:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69867/4874825

この記事へのトラックバック一覧です: トマトソースパスタ:なすとバジルのポモドーロ:

« 和風パスタ:水菜のナポリタン | トップページ | 実験:トマトソースの煮込み方を比較 »