« トマトソースパスタ:タラバガニのトマトソース | トップページ | 豚キムチパスタ »

2005/09/08

トマトソースパスタ:夏野菜のペンネ・カポナータ

caponataパスタレシピ:トマトソース系
パスタ:ペンネ・リガーテ

9/4(日)
トマトソースパスタ:夏野菜のペンネ・カポナータ

自己評価:★★★★☆
手軽度合:★★★☆☆
家族評価:★★★★☆




ミンミンジージー賑やかだったセミの声もおとなしくなり、夏の終わりが告げられる。


ジージー鳴くアブラゼミは、茶色いセミ。そこらじゅうにたくさんいる。
ミンミン鳴くのはミンミンゼミ。透明の羽と緑の模様が特徴で、どちらかと言うと東日本に多い。
愛知より西に多いのがクマゼミ。シャーシャー鳴く声を聞くと、西日本に来たなぁ、と実感。
ピクピクホウシに聞こえるツクツクボウシ、夕暮れにカナカナ鳴くヒグラシ。
ニイニイ鳴く小さなニイニイゼミは、芭蕉が岩に染み入る、と詠ったセミだ。

今年もセミを200匹くらい捕まえた。困ったものだが、この歳になっても、道すがらついつい捕まえてしまう。もちろん素手。

贅沢を言えば、2007年、アメリカにセミの大群が発生する。17年に一度の出来事だ。
ぜひ行きたいのだが、セミを捕まえにアメリカに行くなんて、なかなか言えない。

そのセミの生息域が少しずつ変化しているように感じる。今年、捕まえこそしなかったが、横浜でクマゼミの声を聞いた。

森の木々は温暖化で生息域が変化しているが、南方系のセミも北に生息域を拡大しているのかもしれない。


チームマイナス6%に入るなんてガラではないのだが、少しでも多くの方に、自然について関心を深めてもらえればうれしい。

今年もカツオが戻ってきた。さぁ、釣りに行こう。


▼夏野菜のペンネ・カポナータ 3人分の材料
パスタ…デイチェコ ペンネ・リガーテ 250g
ズッキーニ…一本
なす…一本
パプリカ・黄色…1個
セロリ…1/2本
たまねぎ…1/2個
メイクイーン…1個
にんにく…4~5片
唐辛子…1本
バジルの葉…3~4枚
ケイパー…大さじ1
ホールトマト…1缶(予め手でつぶし、皮や芯を除いておく)
パルミジャーノ・レッジャーノ…大さじ3~4
オリーブオイル…適量
黒コショウ…適量
塩…適量

カポナータとは、シチリア島や南イタリアの野菜のトマト煮。ナス、ズッキーニ、パプリカ、といった野菜が主役です。
フレンチのラタトゥーユに似ています。

パスタを合わせる場合、一般的にはロングパスタで合わせますが、個人的にはショートパスタに合わせた方が好きなので、ペンネをチョイスしました。

また、遊び心でジャガイモ(メイクイーン)を使いました。

まず、ズッキーニ、パプリカ、メイクイーン、ナスを1.5cm角に切ります。
ナスは縮むので、気持ち大きめにカットして、塩を振ってあく抜きをします。
5~10分くらいであくが抜けますので、ペーパータオルであくと水分をふき取ります。

カットした野菜は、素揚げにします。メイクイーンだけ時間がかかります。

その間、フライパンにオリーブオイルを入れて、にんにくを浸し、弱火にかけます。香りが立ったら、粗みじん切りにしたたまねぎ、セロリをじっくり炒めます。

透き通るくらい火が通ったら、唐辛子、ホールトマトを加えて煮込みます。
ホールトマトの煮込み具合は、好みで加減すればOKです。
今回は甘味を引き出すために、中火~弱火で20分ほど煮込みました。

トマトソースが煮詰まったら、パスタの茹で汁をレードル0.5~1杯加えて伸ばします。
最後にバジルの葉、ケイパーを加え、塩・黒コショウで味を整えて完成。

パスタを入れる直前に、素揚げした野菜を加えます。


パスタはデイチェコのペンネ・リガーテ。お澄まし位の塩分濃度(ショートパスタの場合は、少し濃くしてもいい)で、アルデンテに茹で上げます。

茹で上がったペンネをトマトソースに加えてよく絡め、仕上げにパルミジャーノ・レッジャーノ、Ex.ヴァージン・オリーブオイルをかけて、よく混ぜて完成。




いろんな野菜が楽しめるのがうれしい。
酸味が好きな方は、黒オリーブを入れたり、バルサミコ酢をかけてもいいと思う。


ranking04応援してね。って、なんか選挙みたいだ。

|

« トマトソースパスタ:タラバガニのトマトソース | トップページ | 豚キムチパスタ »

コメント

めちゃめちゃおいしそうな、しかも本格的なパスタがたくさん載ってるんですね~!!
僕は最近あまり作ってませんが見ていて作りたくなってきました。これからも楽しみにしてます。
(予告編より管理人が転記しました)

投稿: たけし | 2005/09/08 01:09

>たけしさん

こんにちは。
ブログ拝見しました。僕はオムライス下手なので、勉強になりました。
これからも宜しくお願いします。

投稿: パスタレシピ研究会 | 2005/09/08 01:10

この料理とは関係ありませんが質問させてください。フライパンにトマトソースを投入する時、結構ソースが跳ねたりして熱いのですが、
温度下げてから投入しても良いのでしょうか?
普段はどうしていらっしゃいますか?

投稿: 隼 | 2005/09/17 21:01

>隼さん

憶測で申し訳ないのですが、たぶん火力が強すぎると思います。
オリーブオイルを入れてにんにくを浸し、弱火でローストしますが、この時点で、オイルは90度くらいです。
ホールトマトを加えたら、温度が下がるので。火力を上げます。
ホールトマトが沸騰したら火力を中火~弱火に落とします。

イタリア料理は、にんにくやオリーブオイルの香りを残すために、弱火がキーになります。

記事が分かりにくかったようで、すみませんでした。
時間ができたら、基本ワザとして改めて書きます。

とりあえず、中火~弱火でじっくり、をお試し下さい。

投稿: パスタレシピ研究会 | 2005/09/17 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69867/5838149

この記事へのトラックバック一覧です: トマトソースパスタ:夏野菜のペンネ・カポナータ:

» イタリア~の~ [ポンポコ山市場]
え ぼにっしも~~~~~ (イタリア語で「すげーうめー」って意味) 美味しいイタリアンが食べたくなったらその欲求を抑えないでください。 ここはいろんな種類のパスタがあります。 種類は日々変わるので食べたいと思ったらすぐ注文してください。 画像をクリック&#63735..... [続きを読む]

受信: 2005/09/16 21:44

» トマトソース [フィクション味の探訪<札幌編>]
先週の水曜日、フレンチレストラン「カザマ」のご夫妻と 円山のシンガポール料理店「コピティアム」で食事会を開いた時、 カザマシェフから、トマトをたくさんいただいた。 何でも「カザマ」さんが出演したテレびを見て、 「是非、使ってください!」とニセコの農家が売り込... [続きを読む]

受信: 2005/09/19 17:13

» test [おうちがおいしい]
test [続きを読む]

受信: 2005/09/20 23:47

» 今度の週末作ろう! ペンネ・カポナータ  [おうちがおいしい]
パスタレシピ研究会のホームページでとってもおいしそうなペンネのパスタを見つけました。 夏野菜をトマトで煮たソースとショートパスタを合わせたものです。 たくさんの夏野菜をいっぱい入れてるようです。 子供がミネストローネが大好物なので、今度の週末に作ってみようと思... [続きを読む]

受信: 2005/09/20 23:52

» ペンネ・カポナータ -パスタレシピ研究会- [おうちがおいしい]
先日、見つけたトマトソースパスタ:夏野菜のペンネ・カポナータ を作りました。(同じ記事に3回目のトラバ...しかも、1回目はtestという.. 手持ちの「基本のイタリアン」にもカポナータはあるのですが、こちらのレシピは野菜を一度素揚げします。手間はかかるのですが、とて... [続きを読む]

受信: 2005/09/24 09:59

« トマトソースパスタ:タラバガニのトマトソース | トップページ | 豚キムチパスタ »