« トマトソースパスタ:ボンゴレ・ロッソ3 | トップページ | トマトソースパスタ:ペンネ・アラビアータ2 »

2005/10/08

カッチョ・エ・ペペ

cacioepepeパスタレシピ:特殊ソース系
パスタ:スパゲッティーニ

10/8(土)
カッチョ・エ・ペペ

自己評価:★★★★☆
手軽度合:★★★★★
家族評価:★★★☆☆




カッチョはチーズ、ペペはコショウ。
カッチョ・エ・ペペは、イタリア・ラツィオの伝統レシピ。とてもシンプルで簡単だけど、おいしくつくるのは結構難しい。

▼カッチョ・エ・ペペ 3人分の材料

パスタ…マルテッリ スパゲッティーニ1.6mm 240g
ペコリーノ・ロマーノ…大さじ5~6
バター…大さじ3
黒コショウ…適量
塩…適量


チーズは、ペコリーノ・ロマーノを使います。ペコリーノは羊乳からつくるハードタイプのチーズで、ラツィオはペコリーノ・ロマーノの産地です。
他のチーズより塩気がありますので、全体の塩加減に注意して下さい。


フライパンでバターを溶かします。こげないように注意して下さい。
次に、たたいて粗くつぶした黒コショウを入れ、バターに香りを移します。

最後に、茹で汁を大さじ4~6杯くらい加えて、バターソースと乳化させます。

ペペロンチーノなど、オイルベースのパスタより気持ち多目に加えて下さい。チーズと絡めると、水分を吸われるからです。これがおいしく仕上げるポイント。

*これまで、茹で汁をレードル0.5杯などと表現してましたが、レードルなんていろんな種類があるので、今後、大さじで表すことにします。すみません。茹で汁に使っているレードルは、お玉とほぼ同じ容量です。

パスタはマルテッリのスパゲッティーニ1.6mm。お澄まし位の塩分濃度で、アルデンテまで茹で上げます。


茹で上がったパスタをソースに加えてさっと絡め、仕上げにおろしたてのペコリーノ・ロマーノをかけ、よく混ぜて完成。




見た目は悲壮感が漂いますが、バターとチーズの相性が良い上、黒コショウのアクセントが心地よい。
チーズは、パルミジャーノ・レッジャーノでもOKです。

なかなかクールなレシピ。

とは言え、嫁の評価は低く…。

ranking04

|

« トマトソースパスタ:ボンゴレ・ロッソ3 | トップページ | トマトソースパスタ:ペンネ・アラビアータ2 »

コメント

おお、これはまたシンプルなパスタできましたね~。これはなんていうか素の味が楽しめていいですよね。僕は好きですよ~♪

投稿: kuraki | 2005/10/08 22:14

>kurakiさん

僕も、素の味が楽しめるレシピが好きです。
ごまかしが効かなく難しいので、何度も挑戦したくなります。

投稿: パスタレシピ研究会 | 2005/10/09 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69867/6305597

この記事へのトラックバック一覧です: カッチョ・エ・ペペ:

» ペコリーノ・ロマーノ [料理レシピ紹介サイト:ブログでCookin'!]
「ペコリーノ・ロマーノ」料理レシピのブログ記事から美味しそうなものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2006年10月16日収集分=... [続きを読む]

受信: 2006/10/17 09:51

« トマトソースパスタ:ボンゴレ・ロッソ3 | トップページ | トマトソースパスタ:ペンネ・アラビアータ2 »