« イカスミパスタ:スパゲッティー・ネーロ | トップページ | カニとにんじんペーストのパスタ »

2006/01/07

トマトソースパスタ:淡い香りのペスカトーレ

ペスカトーレパスタレシピ:トマトソースパスタ系
パスタ:スパゲッティーニ

1/6(金)
トマトソースパスタ:淡い香りのペスカトーレ

美味度:★★★★★
新鮮度:★★★☆☆
手軽度:★★★☆☆
難易度:★★★☆☆
*評価について



新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

さて、2006年1発目は、ペスカトーレです。
ペスカトーレは漁師風という意味で、魚介をふんだんに使った絶品パスタです。パスタレシピ研究会では何度も登場していますが、毎回記載している通り、管理人一家はペスカトーレを別格扱いするほど。

また、抜群においしいパスタレシピでありながら、比較的簡単につくれてしまうのもペスカトーレの魅力です。

どちらかと言うと、エビの頭やスルメイカのわたを入れて濃厚に仕上げることが多いのですが、今回はあっさり仕上げてみました。






- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


▼トマトソースパスタ 淡い香りのペスカトーレ 3人分の材料

パスタ…デイチェコ スパゲッティーニ1.6mm 300g
ヤリイカ…中~大 1杯
ハマグリ…小~中 15~20粒
えび(ブラックタイガー)…中 15~20尾
にんにく…2~3片
唐辛子…1本
ホールトマト…1缶(あらかじめ手でつぶし、皮や芯を取り除く)
イタリアンパセリ…適量
白ワイン…50cc
オリーブオイル…適量
黒コショウ…適量
塩…適量

魚介は好きなものを使って下さい。よく使うものは、

エビ…クルマエビ、スカンピ(アカザエビ)が最高。その他、ブラックタイガー、大正エビ、芝エビなど。頭つきなら濃厚なスープを楽しめます。イセエビやオマールエビ(ロブスター)を使えば豪勢に。

カニ…タラバガニ、ズワイガニを筆頭に、毛ガニ、ワタリガニ(ガザミ)など。

貝…ムール貝、アサリ、ハマグリ、ホタテガイなど。

イカ…ケンサキイカ(アカイカ)、アオリイカ、モンゴウイカ(カミナリイカ)が最も良い。その他、柔らかさならヤリイカ、イカわたを使うならスルメイカなど。

タコ…国産マダコが最上だけど入手難。アフリカマダコで代用するが、イイダコ(小さいタコ)もいい。ミズダコという大型のタコ(最大3mにもなる)の足が売ってるけど、しゃぶしゃぶ向き。

今回は淡いスープをつくりたかったので、ハマグリ、頭なしブラックタイガー、ヤリイカを選びました。


事前に魚介の下ごしらえ。

ヤリイカは内臓と背骨、目を取ったら、皮を剥きます。足の吸盤についている角質は、手でしごけば簡単に取り除くことが出来ます。

ブラックタイガーは、殻を剥いて背わたを爪楊枝などで取り除きます。

ハマグリは砂抜き(3%の食塩水に2時間ほど漬ける)した後、流水を流しながら貝同士をこすり合わせて汚れを取ります。アサリもそうですが、殻の溝に砂がたまっている場合があります。





では、調理。

まず、トマトソースをつくります。
フライパンにオリーブオイル入れて温め、ホールトマトを加えて煮込みます。

10分くらい煮込んだら、火を止めます。トマトソースの煮込み具合は好みでOKですが、今回はフレッシュ感を残しました。


次に、別のフライパンにオリーブオイルを入れて、つぶしたにんにくを浸し、弱火で香りを出します

香りが立ったら中火にし、魚介と唐辛子を入れます。すぐに白ワインを注いでふたをし、蒸し焼きにします。
尚、魚介が新鮮で上物でしたら、白ワインは使用しない方がおすすめ。

火が通った具から順番に、トマトソースのフライパンに移します。エビは赤くなったら、イカは白くなったら、ハマグリは口を開いたら、火が通った合図です。

火を通しすぎると、硬くなってしまうので注意して下さい。

全部移したら、フライパンに残った魚介のスープもトマトソースのフライパンに全部移し、塩・黒コショウで味を調えてソースは完成。パスタの茹で汁は必要に応じて、適宜加えて下さい。





パスタはデイチェコのスパゲッティーニ1.6mm。

お吸い物と同じかやや濃い位の塩分濃度(1%)で、アルデンテより硬めに茹でます。
パスタが茹で上がったら、ソースに加え、弱火にかけてソースと絡めながら、パスタにスープを吸わせます。

パスタがアルデンテに仕上がったら、仕上げに上物のEx.ヴァージン・オリーブオイルをかけ、よく混ぜて完成。

お皿に盛り付けたら、粗みじん切りにしたイタリアンパセリを振ります。





- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


非常においしいパスタレシピですが、栄養のバランスも良い。
ペスカトーレのように、魚介やオリーブオイルを良く食べる南イタリアでは、肉・バターをたっぷり使う北イタリアより、消化器系ガンの発生率が低いそうです。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

<次回の予告>

次回は一風変わったオリジナルソースを紹介します。



<おまけ>

年末、もうすぐ海技免状(船の免許)の更新だと思っていたのですが、もうすでに…でした。気がついたら期限切れ。

自動車免許…誕生日
海技免状…取得日

を基準に更新時期が決まっています。すっかり忘れていました。そう言えば、5年前にも同じことをしたような…。

boatlicence
海技免状。裏は写真と氏名、免許の種類などが記載されています。免許証に証明写真をのり付けし、プラスチックフィルムで真空パックされています。膨らんでいる部分は、裏に証明写真。
レンタルビデオの会員カードよりチープなつくりです。

|

« イカスミパスタ:スパゲッティー・ネーロ | トップページ | カニとにんじんペーストのパスタ »

コメント

はじめまして。いつもレシピを参考にさせていただいてます!
私もパスタ大好きで、毎日昼食は一人でパスタを作って食べてます。(主人がご飯派なもので。。。)カルボナーラ、ミートソース、ペパロチー二、グラタン、ラザニア、明太クリームスパ、エビのピリ辛トマト、サーモンクリーム、サーモン醤油、いつも同じようなものしか作れないのですが。。。今回ペスカトーレのレシピを拝見し、美味しそうだし、一度にたくさん作れそうなので明日の従業員食事に作ってみたいと思っています。今後とも簡単で美味しく、しかも6−7人前が一度にできるレシピを教えてください。宜しくお願いします!
あとデチェコ以外のお勧めパスタってアメリカ在住なら入手しやすいのでしょうか?
それともイタリアだけなのでしょうか?ちなみに今はデチェコをケースで頼んでますが他のパスタもトライしてみたいです!

投稿: cha | 2006/01/07 18:18

>chaさん

こんにちは。6-7人分も一気につくるのは大変ですね。大人数に一番強いのはボロネーゼ(ミートソース)でしょうか。また、ペスカトーレのように、魚介のトマトベーススープをたっぷりつくって、ショートパスタやパンと食べるものいいかもしれませんね。

アメリカのパスタ事情はよく分からないのですが、読者さんに聞くと、ヨーロッパは大変充実しています。うらやましい。
英語読みだと「デチェコ」になるんですね。

ワールドカップスキーで2004-2005に優勝したボーデミラー選手(USA)はバリラがスポンサーなので、バリラなら受けもいいのでは?

投稿: パスタレシピ研究会 | 2006/01/08 00:37

明けましておめでとうございます。
社交辞令ではなく、本当に昨年はお世話になりました。今年もよろしくお願いします!

>chaさん
希少パスタブランド探しも面白いですよ。
僕はイギリスに住んでいますが、最近、小さな食材店を見つけては、パスタを物色するのが習慣というか、クセになっていて、実際おいしい銘柄を見つけました。見たことのないラベルを見たときは、金脈を掘り当てたときのように、一人ニヤッとして、さっそく買って帰って味見するのが何よりの楽しみです。お近くに欧州系食材店があれば、置いているかもしれません。

投稿: doradora | 2006/01/08 20:20

>doradoraさん

こちらこそ、昨年は色々教えていただき、ありがとうございました。今年も宜しくお願いします。
僕も海外組の皆さんに負けないよう、金脈探しを頑張ります。

投稿: パスタレシピ研究会 | 2006/01/09 00:15

今日やっとペスカトーレを作りました。間違えてトマトソースにまでにんにくを入れてしまったのでちょっとニンニクが強すぎちゃいましたが、まーまーのできでした。
パスタについてはデチェコがないときは手軽にスーパーで手に入るバリラを使ってます。以前ほかのブランドもいくつかトライしてみましたが、近所のスーパーにはバリラ以外はろくなパスタがありません。欧州系食材店は車で1時間半ほど離れた街にいけばあるかもしれません。。。。悲しい限りです。チーズも普通のパルメジャーノしかありません。doradoraさんが羨ましいですー。それでもやっぱり明日もパスタ!
フェタチーニのエビとトマトのクリームソース。パスタを食べない1日なんて考えられない。

投稿: cha | 2006/01/10 17:08

>chaさん

米国の事情はあまり詳しくないのですが、米国在住の読者さんの話を聞くと、少なくとも日本より充実してる感じがしますよ。NYの方が多いのですが。

僕の場合、気に入っているブランドを3~4種買おうとすると、銀座と恵比寿と鎌倉に行かないと買えません。

なので、通販はいかがですか?
例えば、僕の好きなrustichella d'abruzzoをGoogleで検索すると、
http://www.salumeriaitaliana.com/
がヒットします。ボストンです。
探せばいくらでもあると思います。遠出してガス・交通費を使うより、通販でまとめ買いした方が得なこともありますよ。ご参考まで。

投稿: パスタレシピ研究会 | 2006/01/11 01:51

ありがとうございます。早速チェックしてみました。オリーブオイルの数がすごいですね!パスタはちょっと高めだけどそれなりに美味しいのでしょうね。デチェコは業社でかうとスーパーマーケットの半額($1.50)くらいで買えます。以前NYに10年以上住んでいましたが、そのときは今ほど毎日パスタに執着してなかったし、美味しいものが食べたいときは外食してました。でも今はスキーリゾートとはいえコロラドの山の中なのでおいしいものは自分で作るべし!とゆうことでひたすらピザでもパスタでも自分で作ってます。こちらのウエブサイトのおかげでますますパスタにはまりそうな今日この頃です。上記のウエブサイトでお勧めのパスタ、オリーブオイルがありましたら教えてください。いったいどれがいいのかいっぱいありすぎてわからないですー。

投稿: cha | 2006/01/13 16:01

>chaさん

おすすめのパスタは、右側のカテゴリーのパスタブランドをご参考下さい。
そのお店で扱っているものですと、Benedetto Cavalieri 、Martelli、Rustichella d'Abruzzo 、Latini、などはよく使ってます。
Ex.ヴァージン・オリーブオイルは、イタリアンオリーブオイルにMarchesi de' Frescobaldi - Laudemio というのがありますが、僕が愛用しているのはこれです。トスカーナの香り高い一品です。

ざっと見ると、銀座と同じくらいの価格なので、ちょっと高いような気もします。
米国の相場は分かりませんが、もう少し安いお店があるかもしれませんね。

投稿: パスタレシピ研究会 | 2006/01/14 23:28

いろいろアドバイスありがとうございます!!
ブランドさえわかればこちらでいかようにでも調べられます!
オリーブオイルもぜひ試してみます。みんなに美味しいペパロッチーニを作ってあげたいです。
実はここ5日ほど風邪で全く食欲がなく、パスタも大好きなワインもずっと遠ざかってました。やっと明日からまた毎日パスタが食べれそうです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

投稿: cha | 2006/01/21 15:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69867/8044638

この記事へのトラックバック一覧です: トマトソースパスタ:淡い香りのペスカトーレ:

« イカスミパスタ:スパゲッティー・ネーロ | トップページ | カニとにんじんペーストのパスタ »